4月 2009

教室でのレッスンでした。この日はレーシーアレンジ。このコース「ヌーベルフレンチ」のカリキュラムは私の大好きなテーマ12テーマ。なので自ずとテンションがあがってしまいます。今回のこのレーシーアレンジはレースとお花のコーディネートです。色合いも個性的なコンセプトを決めて微妙なニュアンスカラーで作りました。部分的にしか紹介できませんが、それぞれの花材、あわせるレースの素材にとても奥深いコンセプトがあるんです。レースは私が集めたもの。中にはパリの蚤の市で購入したアンティークレースもあったり

昨日、無事にNHKカルチャースクールのレッスンが終了いたしました。始めてお会いする方ばかりなのでとても緊張しましたが、皆さんとても熱心で、なんとその日 初めてフラワーアレンジメントを体験する方なども多い中、最後は素敵なアレンジメントに仕上がり私もとても楽しく講習を終える事が出来ました。バラばかりを贅沢に使用したアレンジ。バラの香りも楽しみながら制作するアレンジ。ほんとリッチな気分になれました。アシスタントとしてスクール卒業生のMさんにも参加して頂き、みなさんで和気あいあいととっても楽しく過ごす事ができて私自身ほっとしています。次回は、5月です。グリーンのグラデーションアレンジ。途中参加でも大歓迎ですので興味のある方は是非、ご参加ください。このブログを応援クリックする。

山本です。いよいよNHK文化センターでのフラワースクールが明日から始まります。集まって頂いた方々は意外にも上は70代の方から下は30代の方までの幅広い年齢層でした。お花って世代関係なくいろいろな方と関わりができて素敵だなと思います。明日の第一回目は「春色ローズアレンジ」バラの香りを楽しみながら春の柔らかい色あわせで作るテーブルフラワーです。私の方が今からとても楽しみでわくわくしています。当日の様子はまた機会があればご紹介しますね。途中からでも受講できますので、興味があれば是非ご参加下さい。このブログを応援クリックする。

こんにちは、アシスタントのクロです。今日はあったかくて、とてもいい天気で気持ちがいいです。あったかすぎて今週末に使う予定の、店先のラナンキュラスが咲き気味で少しあせりました。こんな気持ちのいい日だったせいか、ついさっき、お店の前を市村正親さんと篠原涼子さんのご夫婦がお子さんを連れて通り過ぎて行かれました。お二人ともとてもサングラスなどもせず、リラックスした感じでした。篠原さんはショートパンツ姿でとっても若々しく、かわいい感じでした。市村さんは渋い感じでしたが、抱っこした赤ちゃんに何か話しかけていました。見ているこちらまでもあったかくなるようなそんな風景でした。このブログを応援クリックする。

山本です。久しぶりの更新です。最近は、スクールと撮影とお店の改装などでくるくると動いていました。それに付け加えて市場で仕入れ中に転んで肩を痛めて腕が上がらなかったり…ほんとなさけないです。ばたばたと動いているうちに桜も散り、あたたかい日が続いていますね。本当に月日が経つのは早いですね。最近思うことなんですが、その人それぞれのイメージを形にするって本当に難しいですね。この事についてはこの仕事をはじめてからずっと考えていることなのですが。その人の頭で思い描いているイメージをお花の写真を使ったりいろいろなイメージ写真を見ながら打ち合わせをするわけですけれども、お花は生ものですのでそのものを見ながら決めることができませんよね。実際に使用する花の種類、全体のイメージを決めたところで、その季節ごとに手に入らなかったり、まったく同じ色合いであったり大きさなど保障することはできません、微妙に違うことなんて当然ありますから。なので、あくまでもイメージでの打ち合わせにせざるをえないんです。しかもそれを花で表現するってとっても難しい…何が難しいって、なかなかお花に詳しい方っていらっしゃらないからお客様の中で完成形を明確にイメージすることができないんですよね。最近は、こんな色合いでマミさんテイストでお任せ。とか、こんな形であとはマミさんにお任せ。なんてオーダーが多いのですが、そういうかたちのお仕事だとしても、イメージのお仕事なので、必ずしもその方の思っていたものそのものが出来上がるわけではないと思います。私は、その人の考えているもの以上の作品を作るというポリシーのもと、日々がんばっているのですが。その思い、そんな信頼関係のもと作品を作っているので、そこをよく理解していただいているお客様には万が一デザインの多少の違いが起こったとしてもこんなイメージも素敵!こっちの方がいいね!と言ってっもらえたりも。そんな時、デザインやイメージの仕事だけれどもそれぞれの「思い」で成り立っているんだなとつくずく感じます。やっぱり私はそんな「思い」を大切に作品作りしていきたいです。がんばります[#IMAGE|S58#]このブログを応援クリックする。

こんにちは、アシスタントのクロです。最近、更新がとどこおりがちですみません。マミ先生にはブログをお願いしていますが通常のウエディングの他にもレッスンや契約の更新、スタッフの交代などいろいろと大変そうでなかなかブログが書けないようです。マミ山本のブログを楽しみにしている方には本当に申し訳ありません。さて、今回は先日あったカメラマンさんと編集の方のウエディングのお花です。業界の人ばかりが大勢来ました。マミ先生とカメラマンの木村さんとは長いお付き合いで今回は「花と写真のコラボレーション」ということで結婚式を飾らせていただくことになりました。とっても楽しくて、やりがいのあるお仕事ですよね!木村さんの撮った幸せそうで、あったかい大きな写真にマミ先生がお花を融合させていきます。エントランス、メインテーブル、バーカウンター個室や挙式会場など広いレストランを借り切って全てを花と写真で飾りました。木村さんはかっこいいし、奥さんもかわいいです。マミ先生はご友人であり、アーティストとしてやりがいのあるしごとということもあり、大分予算を頂いていましたが、それでも「大丈夫ですか?!」というくらいバンバンお花や資材人を使って飾っていました。マミ先生がプロデュースするLilas Blanc(リラブラン)の高級ウエディングドレスまで組込んで飾るほどの入れ込みようです。おかげさまで評判もよかったようです。当日はカマラマンさんも大勢入って撮影していたのでそちらの写真が楽しみです。お知らせいよいよ来週4/25(土)からNHKカルチャーセンター青山教室でマミ山本が直接レッスンする講座が始まります。月に1回で3ヶ月間だけですが、テーマも楽しくおすすめです。まだ申し込みはできますので、ご都合の合う方は是非ご参加下さい。マミ山本のフラワースタイル~花と暮らす~お申込はNHKカルチャーセンター青山教室までお願いします。このブログを応援クリックする。

ジャパンフラワーセレクション2008-2009切り花部門フラワー・オブ・ザ・イヤーにサカタのタネさんのトルコキキョウ「ロジーナラベンダー」が受賞しました。マミ山本がこの「ロジーナラベンダー」を使ってウエディングブーケの制作を依頼されました。撮影したウエディングブーケを、サカタのタネさんがポスターやポストカードにしたものが届きました。ブーケの写真はきれいでしたが、「anela」のスペルが「anera」になってしまっているのが残念です。この「ロジーナラベンダー」は大人気でずっと品切れになっているそうです。このブログを応援クリックする。

3/16~3/31まで、青山劇場で「カゴツルベ」が上演していました。豪華絢爛な吉原を舞台にしたお芝居です。前にマミ山本自身がブログにも書いていたものです。今回、マミ山本はフラワーコーディネートを担当させて頂いています。ヘアメイクの奥平さんからのご紹介のお仕事でしたがマミ先生がコーディネートしたお花を、実にセンス良く手早く飾っていきました。さすがです。パンフレットの撮影に立会いましたが、役者さん、衣装メイク、カメラなど、どなたも一流の方ばかりでとてもすばらしい作品に仕上がっていました。とってもいい現場、お仕事でした。頂いたパンフレットは大切に保存したいと思います。4/16~4/19までNHK大阪ホールでも公演します。このブログを応援クリックする。