9月 2009

私事ですが、9月30日に作品展をやります。ショップのリニューアルを兼ねて私の作品とスタッフ、生徒さんの作品を展示して皆さんに見て頂きたいと思います。もしもご都合の合う方がいらっしゃいましたら、また、ちょっと興味のある方、どなたでも是非ふらっとお立ち寄りください。私もこの日は終日アトリエにおります。お会いできるのを楽しみにしてます。DM作ってみました。これからお送りします〜。このブログを応援クリックする。

10月挙式予定のお二人、もちろん私が装花を担当していますが、そのお二人がお母様の贈呈用のアレンジを自分たちで作りたいとレッスンを兼ねて私のアトリエに来てくれました。真剣ですね。二人が作っているのは、披露宴の当日、最後にご両親へ贈るプレゼントのフラワーアレンジメント。通常はこういう時、生花の花束を贈られる方が多いのですが、二人が選んだのはずっと残しておけるプリザーブドフラワー。しかも自分たちの手作りで!!実は、最初にこのお話が出てきた時、私は本当に作れるのかとても心配でした。でも、引き受けた以上はなんとかがんばって作れるようサポートしなくてはと当日挑んだのですが、、、、お二人ともとっても上手に仕上がってほっとしました。それぞれのお母様のイメージでお花や器を選ぶところから完成まで自分たちで作ったプレゼント。本当に心のこもったプレゼントですよね。花選びではなぜか私の方がテンションがあがってしまって、、、、いちばん楽しそう、、、、。でもこんな素敵な時間にご一緒させて頂いてほんとにうれしかったです。新婦の美奈子さんはウエルカムボードも手作りされたりして、当日はとってもお二人の心のこもったパーティになることでしょうね。もちろん会場装花もこだわってますよ。楽しみですね。またそのときのお花もブログで紹介します。このブログを応援クリックする。

いつものレッスン風景です。この日は「ハンドラウンドブーケ」いつもみなさん和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく参加してくれています。私はいつもデモンストレーションをして、ひととおり終わるとだいたいおしゃべりタイムですね。お花のこと、仕事のこと、いろいろなことをお話ししてます。そうこの日は生徒のすみちゃんからお庭に咲いたプルメリアをいただきました。プルメリアって日本で育てるのは難しいですよね。いつも花は1.2輪くらいしか咲かないそうです。その貴重な1輪をわざわざ持ってきてくれました。かわいい。かおりもとても上品で、この花が一輪あるだけでテンションがあがりますね。「先生のお酒のつまみに

作ってみました。うちにいるミロのヴィーナス。私はこのビーナス像とはお店のオープンからの付き合いです。今回は頭に花を飾ってみました。一見、いつもと変わらず硬い表情もこうやってお花を飾ってあげるとなんだか違って見えるんですね。こういう瞬間、花の不思議な力に改めて驚かされます。それから、こういうのって作っているときがとても楽しい

オープンレッスンのご参加ありがとうございました。今日のアレンジは秋色オブジェ一言で秋色といってもけっこう複雑は色合いです。通常のグラデーションにあえて何かポイントになる色を入れて変化をつけた遊びがあるコーディネートが好きです。花も面白いものが入っていますよ。秋色てまりそう、アガパンサスの実

今日は生花にさわってないかも。今日作ったオブジェたち。これらは暗いお部屋で「ライティングによってできるシルエットを楽しみたい」とのオーダーから。今見ている感じよりも現場に飾るとなんともいえない幻想的なシルエットと色あいになるのです。造花だからこそできる楽しみ方ですね。このブログを応援クリックする。

スクール生がお母様のお誕生日にとプリザーブドアレンジをオーダーしてくれました。なんとなくお母様のイメージでお任せという内容でしたので、それならばと私の好きなもので作らせていただきました。こんなオーダーはとてもたのしいですね。お母様のイメージで、なんとなく想像してつくるアレンジは作っているだけで幸せな気持ちがします。パリで購入したアンティークレースを入れて。ついつい