1月 2010

先日、anelaのショップで雑誌JILLE(ジル)の取材がありました。お仕事ガールズトークというコーナーで、内容はAYUSEさんがインタビュアーになってお花の仕事について質問して、それを私が答えたり、AYUSEさんもフラワーアレンジメントに挑戦するというものでした。AYUSE KOZUEさんといえば今注目の若手シンガーソングライター。今回撮影した雑誌JILLEのモデルもしてますよね。ツーショットなんと初めてのフラワーアレンジメント!!それでもやはりアーティスト。さくさくと感覚で花を挿していきます。とっても上手に出来ました。最後はショップの前で。雑誌JILLEの読者は20代の女性。そんな読者に向けた私なりのメッセージが掲載されるとおもいます。お花の仕事に対する考え方やこの仕事を選んだきっかけ、私の考える花のしごとについて、これからの方向性などいろいろなことをお話しています。読者の方々に少しでもお花の仕事のすばらしさが伝わればいいなと思います。発売されたらまたご紹介しますね。このブログを応援クリックする。

こんにちは、アシスタントのクロです。いよいよアネラ伊勢丹ショップのオープンです!と言いたいところですが、期間限定ブースです。昨日も夜中の12時くらいまで伊勢丹さんで準備をして、今日は9時前からまた売り場を作り込んでいきました。作品は文句無くかわいいのですが、マミ先生の生花ではないアート作品、それも一般の方に対する販売ということで、いつもの企業や結婚式などとは、また少し違って緊張します。オープン初日の今日はどうなるかドキドキしながらオープンを迎えました。早速オープンと同時にお客さまがお見えです。マミ先生の伊勢丹のカタログにも載っている、写真のキャンバスコサージュにまっしぐら、そして作品をずっと見ています。他に何人も有名なフラワーアーティストの方たちの作品もあるのに。オープンから約20分、早速お買い求め頂きました。ご自宅の玄関正面に飾られるそうです。「ヤッターーー!!!」マミ先生をはじめ、ずっとお手伝いに来てくれているスクール生の堀越さんたちと大喜びでしました。でも同時にとっても大事な宝物がいなくなってしまうようで、すごく寂しかったです。おかげさまで、そのあとも順調に売上げが伸びてゆきました。初日からこのような状況ですので、週末やこれから3週間、どれくらいマミ先生は作品を作られるのでしょう?●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●「花時間×伊勢丹 ライフ・ウィズ・フラワーズ」■1月20日(水)~2月9日(火)■伊勢丹 新宿店 本館5階=ステージ#5イベントのテーマは、「花と暮らす」。「花時間」と伊勢丹がセレクトしたフラワーアーティストによる、アートフラワーのアレンジやコサージュ等の作品を中心に、花にまつわる暮らしのアイテムとして、花柄モチーフのテーブルウェアや卓上アイテム、インテリア雑貨、ファブリック、家具までこだわりの品揃えをお届けいたします。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●このブログを応援クリックする。

こんにちは、アシスタントのクロです。いよいよ明日から伊勢丹新宿店でフラワーアーティスト・マミ山本が作品を展示販売致します。お花の専門誌「花時間」と伊勢丹とのコラボ企画で他のフラワーアーティストの方と一緒に行います。そんなに大きなスペースではありませんが、今回はマミ先生がプリザーブドフラワーのアレンジはもちろん、コサージュとドローイングを組み合わせたとってもキュートな作品がたくさん!なかでもすでに花時間や伊勢丹の情報誌をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、「キャンバスフラワー」シリーズというこの作品たちはとにかくカワイイ!いろいろな柄や素材を組み合わせて作られたコサージュと、マミ山本の描くキャラクターが1つになって作られた作品は見ているだけでこちらまであったかくなってきて、いつまでも見ていたくなる魅力があります。自分のためだけでなく、恋人や子供にも送りたくなる作品です。20個限定の伊勢丹特別仕様のF0サイズはお値段もお手ごろ(5250円)ですので、お早目にどうぞ。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●「花時間×伊勢丹 ライフ・ウィズ・フラワーズ」■1月20日(水)~2月9日(火)■本館5階=ステージ#5イベントのテーマは、「花と暮らす」。「花時間」と伊勢丹がセレクトしたフラワーアーティストによる、アートフラワーのアレンジやコサージュ等の作品を中心に、花にまつわる暮らしのアイテムとして、花柄モチーフのテーブルウェアや卓上アイテム、インテリア雑貨、ファブリック、家具までこだわりの品揃えをお届けいたします。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●このブログを応援クリックする。

こんにちは、アシスタントのクロです。先月に行った作品撮りの様子です。カメラは井上朋紀さんイケメンなのに後姿しかなくてすみません。モデルは咲元エリちゃんHair&Makeは杉山ミキさんというメンバーでした。今回はマミ先生のお花をエリちゃんの頭に大胆にアレンジした作品です。当日の様子などはエリちゃんのブログにもありますのでそちらもどうぞ。このブログを応援クリックする。

バック型のブーケのオーダーが入りました。とても急なオーダーに???不思議だなと思いましたが実は理由を聞いてみると、今、発売中の花時間ブーケ&花飾りvol.16で私が作っている「ルージュロワイヤル」を使ったバラのバック型ブーケこれが気に入って、当日の挙式会場のお花屋さんにオーダーしたところ、全く違うイメージのものが出来上がってきてしまい、どうしたものかと困った末、ご本人が直接アネラへお電話頂いたという事でした。当然わたしが作ったものですから同じように作る事は簡単なのですが、急な発注でバラの「ルージュロワイヤル」が手に入らないという事と、バラとあわせている「ニゲラ」も手に入らないかも知れない事をお客様にご了承頂いて、私の方でなんとかお受けする事になったのでした。もともと花そのものにこだわっているのではなく、この雰囲気が好きなのでという事で

あけましておめでとうございます。先日、今年初レッスンが無事終わりました。午後の部と夜の部に分かれて皆さんの持ち寄りパーティレッスンでした。当日は風邪をひいてしまって急遽お休みする方や参加できなかった方が何名かいてとても残念でしたが14時頃から夜の22時頃までワインを飲みながら(もちろんレッスンもしながら)楽しく過ごしました。手作りのお料理を持ってきてくださったり、旅行先のお土産を持ってきてくださったり

こんにちは、またまたアシスタントのクロです。すみません。今日はまた超VIPな方が突然お見えになりました。タイトルにも書いてしまいましたが常陸宮妃華子さまです。常陸宮邸はすぐ近くですが、アネラがこの広尾に移って10年目、初めてのご来店です。ピカピカのセンチュリーがアネラの真ん前に突然とまりその前後に2台の黒塗りのクラウンも止まりました。はじめは別の女性の方(後から分かりましたが、高円宮妃久子さまでした。久子さまはいけばなインターナショナル 名誉総裁)が店先のお花をご覧になっていましたがその後、華子さまがふらりとお一人で車からお降りになられました。前後の車のSPの方たちは車の中からこちらを伺っていますが降りてはきませんでした。でもこまめにスーツの袖を口元に持っていき「もうすぐ終わります」など逐一報告していました。すごいドラマの世界が現実に目の前で起こっています。対応させて頂いているいっちゃんも緊張度MAXです。常陸宮妃華子さまといえば、日本いけばな芸術協会名誉総裁ですので、お花に対する造詣も当然深いところでしょうがマミ先生の作品をとても興味深くご覧になられていました。また日本動物福祉協会名誉総裁という肩書きもお持ちで「ワンちゃんにも会いたかったのよ」なんて気さくにおっしゃっていられました。バラとマムをお買い上げ頂きお花や犬のことなどをお話しさせて頂きました。ありがたいことにアネラのショップカードまで求められました。皇室の構成図 http://www.kunaicho.go.jp/about/kosei/koseizu.htmlこのブログを応援クリックする。

こんにちは、アシスタントのクロです。アネラの並びにあるみんなの御用達、「パパスパンヤ」が去年で閉店してしまいました。道路整備で骨董通りにあったパパスが無くなりそこと合わせてこのパンヤの場所に立て替える予定でしたがそれが中止になったようです。パパスパンヤといえばそのかわいい外装からたびたび雑誌やドラマの撮影に使われていてご存知の方も多いのではないでしょうか。前にユーミンさんにアネラの場所を説明した時に「あーパパスパンヤの」と言われたのを思い出します。もっとも同じ並びの「イイノヒロオスタジオ」も有名で、そちらとあわせてご存知の方も多いですが。そのうち「あーアネラのならびの」といわれるようにがんばりたいです。このブログを応援クリックする。

先日、終了した千葉の職業訓練校の生徒の皆さんからお手紙とプレゼントをいただきました。ありがとうございます。とてもあたたかいお手紙うれしかったです。アネラが担当した3ヶ月の講座でしたが、私の受け持った内容はデザインについての講義と作品実践の授業です。今回は女性ばかりのクラスで、年齢的にもこれから結婚、出産を控えている方が多く、仕事と家庭との両立をどう考えていくか、結婚、出産をしても続けられる仕事とは...など「花の仕事」への向き合い方が皆さん共通していました。そういう視点で「花の仕事」を考えると本当にぴったりの仕事だと思います。実際に私の経験上、結婚や出産を経験してもそんな環境の中、ずっと続けられた仕事なのですから。そんなお話を皆さんとたくさんしました。これから皆さんは2ヶ月間それぞれ割り当てられたショップやアトリエへ現場実習に入ります。がんばって下さい。私が関わった事が少しでも皆さんの役に立てば嬉しいです。お手紙を頂いて私もみなさんにとても元気付けられました!!アネラでも新年最初のレッスンが6日にありますが、ますますがんばろうと思います。このブログを応援クリックする。