6月 2013

今日もレッスン修了しました。ひとり残ってキャスケードブーケ完成しました。頑張りましたね!!うちのスクール生の皆さんはどちらかというとプロを目指して通ってきてくれている方が多く、1回1回のレッスンはとても真剣です。中でもウエディングのコースはずっと人気のコースです。必要なアイテムをひととおり学べて、実際に使用する花を使ってのレッスンですので皆さん本当に上達が早いんです。毎回びっくりしますよ。またアトリエが駅から遠いのにも関わらず

生花とプリザーブドフラワーどちらが好き?と、聞かれたら完全に生花と答えます。でも最近はウエディングのブーケなどでもプリザーブドフラワーのオーダーが多くなってきましたね。その理由は単純に長く持つからというだけではなくデザインの可能性です。ファッションやインテリアとして花を取り入れた時に、生花では作り込めない自由な表現が面白いからです。ファッションなら組み合わせる素材でかなり世界観が出せますよね。私は長年生花に携わってきたからよけいにそこが魅力です。最近多いオーダーです。写真はインテリアのオブジェを制作したもの。グリーンですがこれ全てプリザーブドフラワーなんです。アートではなく生花でもないけど柔らかいフレッシュ感がオシャレですよね。シンプルだけど大好きな作品です。キャンバスアートフラワー®のwebサイトhttp://www.canvasartflower.jp

Ane Can 7月号の付録 Ane Can weddingにブーケが紹介されています。今回はブーケページに2点程ですが、私のお薦めの2点を選びました。1つなスモーキーなピンクパープルのクラシカルなグラデーションのラウンドブーケ。バラのブルーミルフィーユをメインに使用しています。もう1つはバック型ブーケこちらはふんわりとしたオーガンジーのレースを持ち手にした、バックだけどかわいらしすぎない大人のブーケです。他のアトリエのブーケもたくさん紹介されていました。ブーケ選びの参考にしてくださいね。キャンバスアートフラワー®のwebサイトhttp://www.canvasartflower.jp

6月に入り週末はウエディングの仕事でいろいろな会場で装花をさせて頂いてます。先週は青山のマノワール・ディノへ装飾しに行ってきました。こちらは1年前に海外からのお問い合わせでした。お友達だけの1.5次会のような感じでこじんまりとしたパーティーがしたいとのこと。海外にお住まいのお2人なので打ち合わせもなかなかできず...メールでのやり取りをしてイメージの確認などして、具体的にお会いしてお話ししたのはなんとパーティーの1週間前でした。シンプルな装飾なのですが準備するにはかなりタイトなスケジュールでした。でもお2人とも私たちを信頼しくださり、お任せいただけたので頑張りましたーテラスにもキャンドルを50個飾って。幻想的な光の中の素敵なパーティでした。花材はトルコギキョウにブルーのあじさいバンダを使って、ブルーのグラデーションの中に黄色のローズをポイントにした優しくて爽やかなお2人のイメージです。ありがとうございました。紘ニさん美優さん本当におめでとうございます。いつまでもお幸せに!!キャンバスアートフラワー®のwebサイトhttp://www.canvasartflower.jp

連載中の「明日咲くための言葉の花束」第3回めは草笛光子さんでした。女優60年というキャリア本当に素晴らしいです。1つの仕事を貫いて今もキラキラと輝き続ける素敵な女性でした。そんな草笛さんのイメージは柔らかいブルーのグラデーションに独特な主張のある花”バンダ”のピリっとした紫を加えて作りました。キャンバスアートフラワー®のwebサイトhttp://www.canvasartflower.jp