Blog&News

ゼクシィ10月号に掲載中のブーケ3点の紹介ですー今回はブーケの編集ページ「世にも可愛いTREND BOUQUET50」という企画。ここでは5つのトレンドブーケを紹介していますが私はその中の1つ、人気のピンクカラーのMIXブーケを3点提案しています。1つ目はシャクヤクのブーケ。こちらの写真はパッと見た感じ、シャクヤクのぶりぶり感は目立ちますが、実はアガパンサスのラベンダーとグミの葉のシルバーグリーン、スモーキーなバラを合わせたニュアンスカラーでとても大人っぽいコーディネートにしてるんです。シャクヤクの甘い雰囲気にシックな花材や色合いを合わせたアンバランスさが好きです。次の2点はバック型ブーケとマムのカラフルなピンクブーケです。バック型ブーケはアクセサリー的な感覚が強いので思いっきり個性的な花材で作ると楽しいですね。私は今回はビビットなケイトウをメインに使用しました。リボンにしているドット柄の布は自分のお気に入りのスカーフの端をちょっと切って使ってしまいました。どうしてもこれと思うと止められず

The Wedding dressでもブーケを紹介するページがありますが、今回はその扉のブーケを制作しました。シャクヤクのブーケです。シャクヤクは大人気の花材ですが季節限定なのが残念ですね。私のお客様の中にはシャクヤクのブーケが持てる時期に結婚式の日を決めました。というお客様も少なくありません。ピンクのシャクヤク「サラベル」を使って作りました。もう少しほんのりとしたピンクのやホワイトも人気ですよね。シャクヤクはとても高級感のある花材ですが今回のように小花やグリーンを数種類合わせてナチュラルに束ねても素敵です。この後のページでも色別でいろいろなお花の方がブーケを紹介しています。是非、ブーケ選びの参考に見てみてください。人気ブログランキングに参加しています。よろしければマミ山本への応援クリックをお願いします。

毎日が発見 8月号に掲載されています着物地ボックスを紹介します。どうしてか私が着物地を使った小物を制作しています。でも実は手作り小物が大好きなんです。仕事の関係上、撮影等でお花以外の小物もよく制作する事がありますが、このように単体で紹介して頂くのははじめてです。今回は”思い出リメイク”というコーナーで簡単にできる手作り小物の提案です。新しく、着物地を使ったシリーズを展開するという事でその第一弾です。たんすにしまってあった古い着物や捨てられない端切れなどを使って作る自分だけの小物。今回私が使った生地は、ひいおばあちゃんから祖母へ、それから母へ、そして私に渡って来た古い着物の生地。母が七五三の時に着た生地を私がお宮参りの時に着せてもらったり

本日MISS Wedding 主宰 ブーケのワークショップを行いました。最後の記念撮影です。今回は結婚予定の方を対象にブーケレッスンを行いました。ご自身の時のブーケのイメージづくりの参考にと編集部が開催したワークショップです。テーマはニュアンスカラーのナチュラルブーケ私の好きな花と色あわせに最近のトレンドを組み合わせたクラッチブーケです。レッスン中はお花の事をひたすら話せる私にとって一番楽しい時間。今日もお花の事、これからのウエディングのお花について自分が思う事、全部聞いて頂きました。レッスンのあとは

今、発売中のELLE mariage No22の中で私のブーケを3点紹介して頂いています。そのお知らせです。「ブーケ×ドレスのおしゃれ関係」のページです。私が担当したドレスはレースとチュールとマーメイド。レースのドレスはどこかクラシカルな印象のものが多くて、レースの模様もお花のモチーフの物が殆どですよね。私はレーシーな素材のシンプルなお花を選んでドレスに溶け込むようなブーケを作るのが好きですがその中に今回はドレスがスレンダーなので花の形が印象的で大振りな花アマリリスを入れて大人っぽさを出しました。アマリリスの花びらは柔らかくてレースととっても相性がいいです。チュールのドレスは花びらがひらひらとしていてふんわり感のある花を選びました。チュールのドレスにチュールを合わせるって自分で言うのもなんですが、ちょっとベタ過ぎですけどね

今月のTokyo Wedding collection で制作したブーケについてご紹介します。いつもとってもお世話になってるスタイリストの後藤さんのスタイリングページでブーケを作りました。花嫁のなりたいイメージ提案です。後藤さんのページはいつも素敵なので制作中もワクワク、テンションが上がります。1つめはクラシカルブーケ。クラシカルといえばボルドーのイメージは人気ですが、重たくなりすぎない様に私の大好きな赤いスプレーバラ「ココチーノ」を合わせました。よりクラシカルな感じになりましたよね。このブーケは表紙にも載っています。2つ目はsomething fourの中のひとつとしてBlueのブーケを。思い切ってブルーに染めたカーネーションを使ってみました。普段は抵抗がある染めの花ですが、今回はなんとなく馴染んで可愛かったです。最後はナチュラル。季節感を重視して小花や草花を束ねました。ナチュラルな作品ほど作り込みが必要ですね。私の場合は自分の好きなものだけを選び葉っぱと一緒にぎゅっと束ねてみます。それがたとえ野草系のナチュラルなテイストの花でなくてもとりあえず入れてみます。え?この花?なんで?みたいな感覚をかってに楽しんだりして。以上です。街で見つけたら是非手にとって見ていただけたら嬉しいです。人気ブログランキングに参加しています。よろしければマミ山本への応援クリックをお願いします。

毎月担当してますブライダル誌、今回は矢野未希子さんのブーケのコーディネートを担当させて頂きました。表紙と中のグラビアでのブーケです。シンプルな白グリーンのクラッチブーケですが、スモーキーな雰囲気の素材を合わせてモード感を出しました。花材はアマリリスとフランネルフラワーを合わせて、グリーンはオリーブグリーンとブラウンの少しクラシカルな葉を合わせました。ドレスのイメージに合わせて素材感を揃えて、シンプルなデザインだけれど存在感を出せる様に考えて制作しました。グリーンが爽やかな白グリーンとは対照的な大人の白グリーンですよね。もう1つのブーケはパープルブラウンのクラッチブーケ。ドレスのレースの透け感と合わせて、花材は遠くからでもシルエットがはっきりとしていて存在感のあるモカラをコーディネートしました。アネモネやビバーナムティナスなど花顔の異なるパープルを数種類重ねて動きのあるシルエットを強調しました。モカラの花びらが歩くたびにフワフワと揺れて蝶のように可愛かったです。ナチュラルなクラッチブーケも可愛いけれど、モード感を強調したクラッチブーケも素敵ですね。今回はそんなコンセプトで作りました。とっても素敵な誌面になりました。ありがとうございます!人気ブログランキングに参加しています。よろしければマミ山本への応援クリックをお願いします。

銀座バーニーズニューヨークのビル3階にありますドレスショップ「JULIET ROSA」こちらでフラワー小物の提案をさせて頂いております!店内の棚にぎっしりと私のフラワー小物が飾られていますー。ドレスと合わせるブーケ、それからヘッドドレスやワンポイントのドレスコサージュ。どんなデザインが自分に似合うのか?ドレスにどんなアレンジをすると自分らしい素敵なコーディネートになるのか

ミスウエディングが開催する花嫁のためのワークショップに参加します。今回私はブーケのレッスンを行います。花合わせと色あわせにこだわって考えたブーケ。そこにその人らしいエッセンスを加えて作る自分だけのブーケ。当日のコーディネートの参考にしていただけたら嬉しいです。MISS Wedding 2015秋冬号で紹介されています。詳細です!開催日 7月24日会費    6000円定員    8名会場    世界文化社 会議室(東京都千代田区九段北4-2-29)応募方法は 住所・指名・電話番号・年齢・職業・挙式予定日(決定している場合)を明記のうえメールアドレスmiss-wedding@sekaibunka.co.jpまでお申し込みください。すみれちゃんの表紙です。是非チェックしてくださいね!この号掲載のブーケです。シャビーピンクのブーケ。最近暑くなってきたので、クラシックピンクでもこんな涼しげな色あわせがいいですよね!人気ブログランキングに参加しています。よろしければマミ山本への応援クリックをお願いします。