東京 Tag

こんにちは、アシスタントのクロです。 今年の母の日はキャンバスアートフラワーに想いをのせて贈ってみませんか?前回紹介したような生花でなく、長く飾って残せるもの・1点物で人とは違ったものを贈りたい方にはぜひおすすめです。 今年のオリジナルデザインはこちらです!マミ先生は「毎日不安な日が続くので、みんなが温かい気持ちになれるようなものをお届けしたい」と思って、デザインされたそうです。 「send all my love and thanks to you」(私の全ての愛と感謝をあなたに贈ります)のメッセージとともにカーネーションとバラの花束が差し出された、あたたかく優しい気持ちになるキャンバスです。2種類の赤いリボンがアクセント。   「merci」(ありがとう)のメッセージと、 青いバラの花言葉である「mon reve se realisera」(夢がかなう)、「le miracle」(奇跡)の文字が入ったキャンバスです。定番の赤いカーネーションもいいですが、定番とは違う「青いバラ」モチーフも素敵です。母の日にはもちろん、応援したい人へのギフトとしてもおすすめです。 どちらもご希望があれば名入れや、メッセージを入れることもできます(有料)のでお気軽にお問合せください。   ご注文・お問い合わせはこちらから可能です↓ https://anela.ocnk.net/product-list/5 メールやお電話でも承ります。  

こんにちは、アシスタントのクロです。 4月ももう半ばになり、5月10日「母の日」が近づいてきました。なかなか落ち着かない昨今ですが、こんな時だからこそ!ほっと和むお花を贈りませんか? 今年のアネラの母の日商品は、花言葉を添えたオリジナルカード付です! 1つ目は「感謝」の花言葉をもつ、バラ(ピンク)、カーネーション(ピンク)、トルコキキョウ、レースフラワーを集めて作ったアレンジ。ピンク系のお花には「感謝」の花言葉のものが多いようです。明るい柔らかいカラーが母の日にも喜ばれそうですね。   2つ目は「幸福」の花言葉をもつカスミソウのリース。ふわふわと優しげなカスミソウのリースは飾っているだけで、幸せ気分になれます!生花ですが、飾っていると自然にドライフラワーになっていきますので、その様子もお楽しみください。 どちらも、アレンジと花材の手描きイラストや花言葉の説明入りカードを添えてお送りします。 今年の母の日は、ただ贈るだけでなくお花に「感謝」や「幸せ」の意味もこめて、贈ってみるのはいかがでしょうか。 気持ちもいつもより伝わりますよ! ご注文・お問い合わせはこちらから可能です↓ https://anela.ocnk.net/product-list/5 メールやお電話でも承ります。 次回は母の日のほかの商品もまたご紹介していきたいと思います!  

こんにちは、アシスタントのクロです。「 家庭画報FASHION&GIFT 2020春の特別号」にキャンバスアートフラワーを掲載して頂きました! 家庭画報のショッピング専門の通販カタログで、今回ご縁があり初めての掲載に至りました。 こちらからもご覧になれます→https://shop.sekaibunka.com/shop/ お洋服やバッグなども沢山素敵なものが載っており、別のカタログには雑貨やスイーツなどの特集もあるので、そちらも見ていて楽しんで頂けると思います。どれも家庭画報さんのイチオシです。 パープル系のアートフラワーをベースにプリザーブドフラワーや、蝶モチーフのオーナメント、ストーン付きのリング、リボンがあしらわれています。数種類のパープルのグラデーションがとても綺麗な作品です! 手描きの温かさもありながら、大人らしい高級感のあるキャンバスです。「congratulations」の文字入りなので、大切な方の御祝にぴったりです。 生花の花束ももちろん素敵ですが、ずっと飾っておける花束をお探しの方は是非こちらをどうぞ。 本誌よりは7月末までご注文頂けます。    

こんにちは、アシスタントのクロです。 少し前のことになりますが、昨年の秋にファッションブランド「Sybilla」さんのお客様を集めてのワークショップイベントを開催しました! お洋服のハギレを使った、キャンバスアートフラワーの作成を少人数で皆様にも体験して頂きました。布地を使って、作品作りができるのは、キャンバスアートフラワーならではです。 「Sybilla」さんのお洋服には、鮮やかなカラーやプリント柄の生地が豊富にあり、素材もしっかりしているので、切り刻むのが少々もったいなくなりますが、そんな素材を沢山使えるなんて、贅沢で素敵な作品ができあがること間違いなしです。 ワークショップの当日は、店頭にマミ先生の作った大きなキャンバスも飾らせて頂きました。こちらももちろおん、洋服のハギレを沢山使用しています。大きなブーケはやはり迫力がありますね。 まずはマミ先生の説明からスタートです。  小さなキャンバスにプリザーブドフラワーと、ハギレを張り付けて、見本はドレスを描くイメージですが、お好きにデザインして頂いて大丈夫です、とのこと。 皆さんどんなキャンバスを作られるのか、横で見ている私も楽しみでした。 やっぱりいざ作ってみると、自分だけのオリジナルの作品にしたくなるようで、選ぶ生地にも皆さん個性が出ていました。 そして、個性豊かなキャンバスが沢山仕上がっていきます。時間のかかる方、そうでない方と様々でしたが、皆さん楽しんで作ってくださっていました。 全部お洋服の生地なので、自分の持っている服のハギレはないかな~なんて、探すのも楽しみの一つです。 思いおもいにデザインを考えられ、皆さん見事に見本とは全然違うものばかりでした! 大傑作が沢山生まれたワークショップとなりました。 このようなイベントの他にも、キャンバスアートフラワーの単発のレッスンや、何回か通って頂くレッスンも常時開催しております。ご興味のある方は、お気軽にお問合せください。