2月 2013

こんにちは、アシスタントのクロです。花時間「プリザ Vol.7」が発売されました。今回マミ山本は p3、p7、p80ー87とかなりたくさんの作品を提供しています。AMOROSAのオールドローズを使ったプリザーブドフラワー「カブキ」を使ったアレンジは、その花の形や色合いをマミ先生らしい色あわせで作っています。花びらがぎっしりと詰まって豪華さもすごいです。また今回は付録にもなっているタッセルの特集をマミ山本が1人で作っています。6ページに及ぶ特集で、通常のアレンジはもちろんアクセサリーや文房具にまでタッセルを取り入れたデザインを18種類も紹介しています。こんなにたくさんの種類を1人で、それもこんなにかわいくつくれるのはマミ先生くらいではないか、というのは言い過ぎでしょうか?実はこの特集、「花時間プ*リ*ザ 花プリ大賞2014」の募集テーマにもなっています。ー Fleurタッセルで楽しむ「花」 ーマミ先生のこのページが参考作品にもなっているということです。締め切りは2014年1月12日(日)です。このブログを応援して下さる方はこちらのクリックをお願いします。キャンバスアートフラワー®のwebサイトhttp://www.canvasartflower.jp

ウエディングウエブマガジン「MARIA PREA 8号」が公開されました。表紙など岩佐真悠子さんが持っているブーケをマミ山本が制作しています。 このブログを応援して下さる方はこちらのクリックをお願いします。キャンバスアートフラワー®のwebサイトhttp://www.canvasartflower.jp

先日、原宿の会場「ルアール東郷」で会場装花を担当したお客様からメールを頂きました。とても喜んで頂けて私自身とても嬉しかったのでアップさせて頂きます。当日の会場装花です。会場装花にはとてもこだわりのあるお客様で、打ち合わせの時からしっかりとしたイメージがありました。切り抜きの写真をまとめてリストにしてお持ち頂いていたりと

今回のニューヨークも仕入は28Streetへ7と8Avenueの間のとこへ。商店街のように卸屋さんが並んでいます。それぞれ見て回ります。高い!!!!花が高い!!!品物にもよると思いますが...日本の市場の3倍はしていました。あわてて現地のフローリストに連絡をして「お花高すぎない?」って言うと「最近急に高くなってしまって困っている」とそれで地元のフローリストはどうしているのか?と聞くとやはり独自のルートで買い付けをしているそう....それでもロットが多くなるので大量にお花を買うときはいいのだけれど....みんな悩んでいる。との事でした。花の種類は日本とほぼ一緒。でも日本では繊細な花もここニューヨークではかなり大輪のものが売られていてその花の印象は別ものに...!枝ものは専門店がありました。ボケや桜もありました。カラフルな大ぶりな花が多いけれどそれなりにとても迫力もあり魅力的な花も多いけど...やっぱり品質は日本かな...本音を言うと日本の花がとても恋しかったです。このブログを応援して下さる方はこちらのクリックをお願いします。キャンバスアートフラワー®のwebサイトhttp://www.canvasartflower.jp